キャリア

現役エンジニアが解説!プログラミング未経験からでもWebエンジニアになれる?

投稿日:

「プログラミング未経験OK」を謳っている求人は多いですが、本当に未経験でも就職できるのかは気になるところですよね。

エンジニアって割と専門的な職種ですし、実務をする中でもプログラミングスキルがなければ仕事にならないというのは事実です。しかし、今は人材不足なのでWebエンジニアをしている全ての人が理系なわけではありませんし、プログラミングを学校で学んできたというわけでもないです。プログラミングに詳しくない状態からスタートした人も少なくないんですよね。

普段Webエンジニアをしている僕が、プログラミング未経験からでもWebエンジニアになれるのかを解説していきます!

スポンサーリンク

Webエンジニアは未経験可の募集が少ない

WebエンジニアはITエンジニアの中でも人気な職種です。なぜなら需要があるので求人の募集が多く、年収も高い傾向にあるからです。また、Webエンジニアに必要なスキルを学ぶためのハードルは低いので、大学で専攻していなくても十分目指せる職種なんですよね。

しかし、結論から言うとプログラミング未経験でWebエンジニアになるのは結構難しいです。

なぜなら、プログラミング未経験、実務未経験の人を一から教育するほどの余力がない企業が多いから。また、プログラミング未経験の人を正社員で採用するのは企業にとってもリスクなんですよね。人によってはプログラミングがそもそも性に合わずにスキルが順調に伸びない可能性もあるわけですから。

だから、企業としてはできるだけプログラミングスキルがある人を採用したいわけです。しかし、やりようによってはプログラミング未経験でもWebエンジニアになる方法はあります。

 

未経験からでもWebエンジニアになる方法

プログラミング未経験からWebエンジニアになる場合、いわゆるポテンシャル採用になります。「この人ならエンジニアとしてのスキルがきちんと伸びそうだ」という成長性にかけて採用するということですね。

未経験からWebエンジニアになる場合、雇用形態としては正社員として就業するか、派遣エンジニアとして就業するかの二択になります。

派遣の場合はある程度プログラミングスキルを持った人を求めているところばかりなので、全くプログラミングスキルがない状態での就業は難しいでしょう。

正社員の場合は研修体制が整っているところであれば、プログラミングスキルがない完全未経験状態でも採用してもらえる可能性はあります。ベンチャー企業のような教育に時間を割く余裕のない企業での就業は難しいでしょう。

どちらにしても面接で「学ぶことへの意欲が強いこと」をアピールできるかどうかが重要。そういった意欲のある人の方が短期間で伸びるので採用したいと思われやすいんです。

 

まずはSIerからスタートするのもあり

プログラミング未経験の人をポテンシャルで採用してくれる企業はあまり多くないのですが、SIerであれば未経験を受け入れてくれるところは結構あります。SIerとはクライアントからシステムの構築を請け負う業者のこと。
SIerの多くが業務系システムの開発がメインなのでWeb系案件には携われないかもしれませんが、まずはSIerでスキルを積んでからの転職であればWebエンジニアになれる可能性は高まります。

最近はベンチャー企業でもSIer出身者を求めているところが多いですし、少し遠回りにはなりますが良い選択肢だと思います。

 

結論:プログラミングを学べば確実にWebエンジニアになれる

結局、プログラミング未経験だとエンジニアになるハードルは高いです。独学でもなんでも良いのできちんと学んで、アウトプットしている形がなければ厳しいですね。

企業としてはプログラミングスクールと提携して、ある程度のプログラミングスキルを習得している人を採用するというのはよくあります。だから、プログラミングスクールを経由すると実務未経験でも就職しやすいんですよね。

また、正社員として就職したいならTechAcademyキャリアのようなサービスを使うのもおすすめです。プログラミング未経験者を対象にしており、無料でプログラミングを学びながら、複数の転職エージェントを使って転職活動を進めることができます。

「プログラミングはある程度経験あるけど、実務経験はない」みたいな状態であれば、Webエンジニアには全然なれます。なので、なかなか転職活動がうまくいかないならどんな方法でも良いのでプログラミングを学んでみるといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-キャリア