PCで作業をしているときにウィンドウを行ったり来たりするのは面倒くさいですよね。ただ面倒なだけでなく、作業の効率も悪くなります。

そんな悩みを解決する方法がディスプレイの数を増やすことです。ノートPC+モニターのような感じですね。

実際に、デュアルディスプレイ環境を導入している僕がメリットとデメリット、デュアルディスプレイ用モニターの選び方を解説していきます。

スポンサーリンク

デュアルディスプレイとは

デュアルとは「二つの」という意味で、その名の通りいくつものディスプレイを用意することです。

IT企業のエンジニアやデザイナーはデュアルディスプレイで仕事をしていることが多いですね。しかし、それらの職種だけに限った話ではなく、どんな人でもデュアルディスプレイにした方がいいと思います。仕事中にメールやチャットツールを使う人はわざわざ画面を遷移して確認する手間が省けます。また、何か分からないことがあった際にもページを遷移せずにGoogle検索できますからね。

僕自身、趣味でブログを書いていますが、記事執筆時にもかなり便利です。ノートPC一台の時には、何か他のWebサイトを参照しながら書くときにはページを行ったり来たりしていましたから不便でした。

 

デュアルディスプレイで作業効率は42%アップする

実は、デュアルディスプレイにすることで作業効率が42%アップするというデータがあります。

デュアルディスプレイにするだけで作業効率がアップすることは分かりましたが、他にはどんなメリットやデメリットがあるのか紹介していきますね。

 

デュアルディスプレイのメリット

作業がしやすくなる

やはり一つのディスプレイで作業をするより、二つのディスプレイの方が圧倒的に作業がしやすいんですよね。

画面を何度も遷移するのは面倒ですし、同時並行で作業できるのは本当に便利です。

 

目が疲れにくくなる

一台のPCであればずっとその画面を見ていますが、デュアルディスプレイだと目線をその都度変えますよね。ずっと同じ距離のものを見ているのが視力低下の原因であると言われていますし、実際にデュアルディスプレイにすることで少なくとも目の疲れは軽減したように感じています。

モニターによっては目の疲れの原因とも言われるブルーライトカットしてくれるものもあるので、目の疲れが気になる方は検討してみてもいいでしょう。

 

デュアルディスプレイのデメリット

コストがかかる

当然、モニター代、そしてモニターにかかる電気代もかかります。まあ、電気代に関しては大したことない額ですし、モニターも安ければ10000円からあるので、そんなに負担は大きくないですね。

 

モニターを置くスペースが必要になる

モニターを置くためのスペースが必要になります。24インチだと横60センチ、奥行き20センチぐらいは必要になると見ていいでしょう。

モニターアームを使えばスペースをあまり使わずに設置できるので、デスクにスペースがない人は検討してみていいと思います。

 

モニターを買うならサイズは24インチがおすすめ

デュアルディスプレイを導入した僕の自宅デスク

モニターを買うならサイズは24インチがおすすめです。いろんなモニターを使ってきましたが、20インチや21インチではちょっと小さくて使いづらさを感じました。27インチなどの大きいサイズのものもありますが、そこまでの大きいと見づらいですし必要ないかなと思います。

僕が使っているのはBenQの「GL2580HM」というモニターです。見た目がスタイリッシュで、価格も15000円程度なのに機能的なので気に入っています。ディスプレイは24.5インチです。

どのモニターも15000円ぐらいはしますが、モニターが一つ増えるだけで作業効率が42%もアップするなら安い買い物ですよね。正直、もっと早く買っておけば良かったと思っているぐらいです。

モニターを買うか悩んでいるならすぐに買うべきだと僕は思います。

スポンサーリンク