起業

無料で個人事業主に必要な開業届が作成できる「開業freee」の使い方を解説

投稿日:

フリーランス・個人事業主は一種の「起業」になるので、会社を作るのと同じで役所にその旨を基本的に届け出る必要があります。個人事業主の開業は、会社を起業するのに比べると労力はかかりませんが、それでもやはり初めてだと慣れていないので面倒に感じると思います。

そんな個人事業主になる際に必要な開業届を手間をかけずに無料で作成できて、さらに提出方法などまでサポートしてくれるサービスがあります。
それが開業freeeというサービス。たった3分もあれば開業に必要な書類をペンを握らずに簡単に作成することができます。

実際に僕も開業freeeを使って開業届を作成して個人事業主になったので、その際の感想も交えながら開業freeeの使い方を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

個人事業主になるために必要な手順

実は開業届を出さずに収入を得ていても罰則はありません。ただ、事業所得が一定額以上(会社員として給与収入がある場合は20万円以上)ある場合は確定申告が必要で、さらに控除を受けるためには開業届を出しておく必要があります。
なので、フリーランスでも副業でも収入があるなら開業届を出すのが一般的です。

個人事業主として開業するためには以下の手順を踏む必要があります。

  1. 開業届を記入
  2. 管轄の税務署に提出

通常、開業する場合には国税庁のホームページから指定の開業届のPDFをダウンロードしてプリントアウトして手書きで記入していくことになります。

開業freeeで対応しているのは開業届をWeb上で記入するところまでです。管轄の税務署に提出する手順は開業freeeではサポートしていませんが、必要書類を郵送することによって開業手続きが行えるので税務署に行かずとも開業することはできます。
また、開業freeeのサービスの中でも郵送での提出方法を説明してくれているので安心です。

個人事業主には無料でなれますが、個人事業主になると同時に確定申告の義務が生じることになります。確定申告自体は「会計freee」のような会計ソフトを使えば簡単にできるのでそこまで身構える必要はありませんが、特に事業するつもりはない状態で開業して事業所得がなければ面倒だと思うので、個人事業主になるならそれは認識しておく必要がありますね。

あと、最近は個人事業主ではなくフリーランスと呼ぶことも多いですが、これはただの同義語で役所での扱いは同じです。なので、個人事業主でもフリーランスでも収入があるなら開業届は必ず出しておきましょう。

 

確定申告の申告方法について

申告方法は、青色申告または白色申告の2種類から選択できます。

青色申告は税務署への申請が必要ですが、白色申告は申請が必要ありません。

ザックリと青色申告と白色申告の違いをまとめると以下になります。

  • 青色申告:複式簿記による帳簿(「借方」と「貸方」で収支を示す)
  • 白色申告:単式簿記による帳簿(「収入」と「支出」で収支を示す)

また、青色申告には65万円控除と10万円控除の2種類があり、10万円控除の場合だと単式簿記になります。
白色申告は青色申告に比べると手間はかかりませんが、節税面では青色申告に劣ります。

青色申告のメリットを以下のようなものがあります。

  • 控除される(65万円か10万円)
  • 赤字は3年間繰り越せる
  • 家族への給与を経費にできる
  • 30万円以下の減価償却資産は一括で経費にできる

そして、青色申告承認書は開業後2ヶ月以内に提出する必要があります。なので、記入自体はさほど面倒なものではないですし、開業届を提出する際に同時に提出する方が多いです。

 

開業freeeとは

開業freeeは、freee株式会社が提供している個人事業主になるために必要な開業届の手続きを簡単に行うためのサービスです。

開業freeeはなんと無料で利用することが可能。
そして、開業freeeでは開業届だけでなく「所得税の青色申告承認申請書」という書類も同時に作成することができます。これは前に説明した青色申告という申告方法を選択するときに必要なものです。

 

実際に開業freeeで開業届を作成してみた

開業freeeを使って個人事業主になるまでの手順は以下のようになります。

  1. 開業freeeに登録
  2. 開業にあたって必要な情報を入力
  3. 出力された書類を印刷
  4. マイナンバーを記入して押印
  5. 管轄の税務署に郵送か持ち込みで提出

まずは開業freeeに登録しましょう。

登録したらフォームに沿って入力していきます。

まずは、仕事の概要を入力していきましょう。僕のようにブロガーのような仕事で開業するならフリーランスになりますね。
例えば、フリーランスを選択するとサブ項目が出るのでITサービス・ソフトウェア、ライターなどの項目から自分に合っているものを選択しましょう。

事業開始予定日はもうすでに仕事を始めていれば過去の日付、まだであれば開業届を作成した日や未来の日付で大丈夫です。屋号はあってもなくてもどちらでも大丈夫ですし、後から変更することもできるので気軽に決めてしまって問題ありません。
あとは、働く場所や従業員や家族への給料支払い予定の有無を入力します。

そして、申告方法を選択します。シミュレーターで各申告方法によってどれくらい納税額が変わるのかを確認できます。月収40万円だと白色申告と青色申告(65万円控除)では約18万円も差があるんですね。

最後に書類を提出先を選択しましょう。これは納税地の管轄の税務署になります。

出力されたPDFをプリントアウトして、個人番号(マイナンバー)を記入して押印したら完了です。

僕の場合は最寄りの税務署に持っていきましたが、税務署へ持ち込んで提出する場合は、開業届の書類(青色申告承認申請書を出すならそれも必要)、マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード、顔写真付きの身分証明書(免許証等)が必要です。

個人事業主の開業届の提出である旨を伝えると、慣れた手つきで対応してもらえて手続きはすぐに終わりました。ものすごくあっさりと終わるので起業したんだという感覚は生まれなかったですね。

 

簡単に開業届を作成できる唯一無二のサービス

実際に開業freeeを使って驚いたのがとにかく簡単だということ。
申告方法などの分かりづらい部分に関しては丁寧に説明されているので、迷うことなく開業届をプリントアウトまで進むことができました。手書きが必要だったのは個人番号(マイナンバー)と押印のみだったので、自分で記載する内容は最低限でしたね。

また、開業届だけではなく青色申告承認申請書も同時に作成できたのは本当に助かりました。実際に青色申告での確定申告を体験しましたが、会計freeeを使ったので無事に税務署から連絡が来ることもなくできましたね。
僕のように簿記の知識がない人でも、会計ソフトを使えば複式簿記での申告も対応できるので、税金面でお得な65万円控除の青色申告を選択すべきだと思います。

どうして無料で利用できるのかははっきりとは分かりませんが、おそらく開業届を提出することによって確定申告をする必要が生まれるので、その際に会計freeeなどのfreee社の他サービスに課金してもらえることを期待しているのだと思います。
実際に僕も開業freeeを使って開業して、今は会計freeeを使っています。

こんなに開業届をすぐに作成できるサービスは他にないですし、無料で利用できるので使わない手はありませんね。もし個人事業主として開業することを予定されている方は「開業freee」を利用することをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-起業

スポンサーリンク

プロフィール

オカ ヒロト / Hiroto OKA

スタートアップで働くRailsエンジニア。大学在学中に起業を志すもスキルと知識不足で断念し、新卒フリーランス、派遣エンジニアでのメガベンチャー勤務を経て現職。
1995年生まれ山口県出身。

>>詳しいプロフィール
>>Webサイトの制作・運用の依頼
>>お問い合わせ

freelance-ajent-image programming school ranking