フリーランス

フリーランス(個人事業主)の僕がコーポレートサイトを作った理由

投稿日:

僕はフリーランスとして活動していますが、この度コーポレートサイト(企業ではないので厳密には違うかもしれないですが)を作りました。個人事業主のデザイナーならともかくエンジニアをやっている人がこのようなサイトを作るのは珍しいと思います。

僕が、なぜこのようなサイトを作ることにしたのかについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

ポートフォリオサイトでもない自社サイト

デザイナーであれば、自分の制作物やスキルを示すのにポートフォリオサイトを作るのは一般的ですよね。ただ、僕が作ったのはそれらを目的にしていないベンチャーやスタートアップ企業のようなサイトです。

ビジョンやどんな事業を行っているか、問い合わせフォームなどの最低限の情報を載せたシンプルな作りのサイトです。

デザインはモダンでクールに見えることは意識しましたが、あまりこだわらずに半日で作りました。

 

理由は複数事業の展開

サイトにビジョンで「Make your rich life.」と掲げているように、暮らしを豊かにすることを軸に事業を展開していくつもりです。そのため、今はWebメディアの運営とWeb制作などの受託開発のみですが、今後はさらに自社サービスの提供を予定しています。
このように、個人事業主ではありながらも多角的に事業をやっていく中で、僕が作っていく事業自体にファンを作りたいと思っています。そのための運営しているサービスのまとめサイトとしても機能してほしいという思いがあるんですね。

また、今後ライティングやディレクション業務をやってくれる人材を募集するつもりです。「このサービスはどこが作っているのだろう」と気になってサイトを見てくれて、ビジョンに共感してジョインしようと決めてくれる人がいてくれたらいいなという期待もあります。

 

一人一サイトが当たり前になる時代が来るかもしれない

今では、自社サイトを持たない企業は信用できないと言っても過言ではないくらい、どの企業もサイトを持っているのが当たり前となりました。しかし、20年前だとそんなことはありませんでしたよね。
この流れと同じようにフリーランスや個人事業主でも、一人一サイト持つのが当たり前になって来るでしょうね。

最近では新しい働き方ができるようになってきて、フリーランスはどんどん増えていますし仕事を獲得するためには周りと差別化しなければいけません。知人やクライアントからの紹介以外で仕事を獲得するためには自分の実績を伝えることは最低限必要。さらに、自社サイトがあることで信頼が増して競合と差別化できるなら、仕事獲得の可能性も高まりますよね。

僕はこの自社サイトを半日で作りましたし、簡単にできる有効な施策なのでフリーランス、個人事業主の方はぜひ作ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

freelance-ajent-image

-フリーランス

スポンサーリンク

プロフィール

オカ ヒロト / Hiroto OKA

新卒でフリーランスエンジニアになりました。Web制作、アプリケーション開発を中心にSEO対策やWebマーケなどの仕事をしています。趣味はサッカーと旅行です。1995年生まれ山口県出身。

>>詳しいプロフィール
>>Webサイトの制作・運用の依頼
>>お問い合わせ

freelance-ajent-image