フリーランスは社会的信用に欠けるので、クレジットカードが作りにくいと思っている方も多いのではないでしょうか。僕自身もそう思いながら、楽天ゴールドカードを作ることにしました。

この記事では楽天ゴールドカード審査を通ることができたのか、具体的にどのような条件で申し込んだのかについて紹介していきます。


スポンサーリンク

フリーランスは稼いでいても社会的信用に欠ける

一般的にフリーランスは社会的信用度が欠けると言われています。それはやはりフリーランスが収入が不安定なことが原因となっています。クレジットカードの審査だけでなく、不動産やローンの審査でも苦戦することが多く、収入額が多くても結局サラリーマンの方が信用度が高いのが現状です。

僕自身、不動産屋の方から「フリーランスの信用度は水商売や無職とあまり変わらない」と言われたことがあります。フリーランス人口は増えているのに、こういう面ではなかなか生きづらいんですよね。

 

楽天カードは審査に通りやすいと有名

そもそも楽天カードは審査が通りやすいことで有名。今までに楽天カードの審査を落ちたという話は周りでも聞いたことがありません。最近ではアメックスも同じくらい審査に通りやすいと聞いたことがありますが、年会費が高いので断念。

今回、僕は楽天ゴールドカードを作ることにしました。楽天ゴールドカードは年会費が2160円かかりますが、楽天市場での買い物時にポイントの付与が5倍になったり、国内空港のラウンジが使えたり、かなり特典が多いのが決め手になりましたね。楽天サービスを頻繁に利用するならポイントがかなり獲得できるのでお得。

フリーランスでも楽天ゴールドカードの審査を通ったのか?

まず、僕の申し込み時の状況を書いておきます。

  • フリーランス1年目
  • 楽天銀行口座保有
  • 楽天スーパーポイントプラチナランク

審査の項目にある収入額と貯金額は秘密ですが、一般的に見て少なめな額です。

結果的に、審査は通りました。そして、申し込みから1週間ほどでカードが届きました。特に電話等での確認もありませんでしたね。

カードの詳細を確認すると、設定された利用上限額はなんと100万円。フリーランスでも上限100万円のクレジットカードを手にすることはできるんですね。

楽天ゴールドカードは思ったほど色合いがゴールドではありません。ピンクゴールドみたいな色ですね。

 

フリーランスでも楽天ゴールドカードは作れる

これはどのフリーランスも言っているのですが、会社を辞めてフリーランスになる前にクレジットカードを作っておくようにしましょうもし、前職で年収1000万円もらっていたとしても、フリーランスになった途端に前職の収入は考慮してくれなくなるので注意が必要です。クレジットカードだけでなく引っ越しなど審査があるものは全て通りにくいので、今回のように必ずしもクレジットカードが発行できるとは限りません。

あと、フリーランスになったら事業用のクレジットカードとプライベート用のクレジットカードは分けておいたほうが確定申告の際に楽になります。個人名義で作っても事業用として使うのは全然OKなので、これを機にもう1枚クレジットカードを作っておくと必ず役立ちますよ。

スポンサーリンク