個人事業主になるには開業届を税務署に提出必要があります。役所への届出が必要と聞くと、なんだか難しそうに感じますよね。

しかし、開業freeeというサービスを使えばたった5分もあれば個人事業主として開業することができてしまいます。しかもサービスの利用にかかる費用は無料。

僕もこの開業freeeを使って開業届を作り、税務署に提出して個人事業主になりました。手順と実際に利用してみた感想を紹介します。


スポンサーリンク

開業freeeとは

開業freeeは、freee株式会社が提供している個人事業主になるための開業届の手続きを簡単に行うためのサービスです。

開業freeeはなんと無料で利用することが可能。

 

個人事業主になるまでの手順

通常、個人事業主になるためには以下の手順を踏む必要があります。

  1. 開業届を記入
  2. 管轄の税務署に提出

開業freeeでは「開業届を記入」の部分を全てWeb上で行えます。ペンを握る必要があるのはマイナンバーの記入ぐらい。

他にも、個人事業主は青色申告か白色申告を選択することができ、節税効果の高い青色申告を選択すると別途届出が必要なのですが、開業freeeなら同時に青色申告の届出書類も作成することができます。この青色申告の届出は開業後2ヶ月以内に提出する必要がありますが、開業届と一緒に提出してしまいましょう。

 

実際に開業freeeを使って個人事業主になってみた

個人事業主になるにあたって開業freeeを実際に使ってみました。

まず、開業freeeに登録します。

登録したら早速開業届をフォームに沿って作っていきます。

仕事の概要はこのようなカテゴリーがあります。フリーランスであればさらにITサービス・ソフトウェア、ライター、カメラマンなどのサブ項目が出てくるので選択しておきましょう。フリーランスエンジニアなら「ITサービス・ソフトウェア開発」で問題ないでしょう。

次にさらに詳しく入力していきます。事業開始予定日はもうすでに仕事を始めていれば過去の日付、まだなら開業届を作成した日や未来の日付でOK。屋号はあってもなくてもどちらでも大丈夫ですし、後から変更することもできるのでそこまで悩む必要はないですね。僕は「Miree」という屋号を付けました。

確定申告の種類ですが、以下の3種類から選ぶことになります。

  • 青色申告 65万円控除
  • 青色申告 10万円控除
  • 白色申告

節税効果が最も高いのは青色申告65万円控除になります。ただし、簿記素人には難しい複式簿記による記帳が必要になるため避けられがちで、簡易な記帳でOKな10万円控除を選ぶ人が多いです。
しかし、会計freeeを使えば知識がない人でも面倒な複式簿記での記帳を行えます。

それに青色申告65万円控除、同じく10万円控除、白色申告でこんなにも納税額が変わってきます。青色申告65万円控除が絶対にお得です。

「書類を提出する」ボタンを押したら、提出の手順が案内されます。書類の提出先は納税地管轄の税務署を選択します。

PDFで出力された書類を印刷してマイナンバーの記入と押印をすれば、あとは税務署に提出するだけ。郵送か税務署に持っていくか選べます。

僕は税務所に持っていくことにしました。税務署への持ち込みの場合は、開業届の書類、マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード、顔写真付きの身分証明書(免許証等)が必要です。

税務署では「個人事業主の開業届です」と伝えると、職員の方から記載内容に問題ないか確認されて終わり。もちろん記載内容に不備等はなし。

こうして晴れて個人事業主になることができました。

 

たった3分で個人事業主になれるサービス

開業届の書類を出力するまでにかかった時間はわずか3分。税務署でも2,3分の所要時間で受理してもらえたのですごく早かったです。

個人事業主って簡単になれますし、面倒だとされる確定申告も会計ソフトを使えば煩わしいことなく行えるみたいです。会計ソフトは、MFクラウド会計freeeの両方とも使ってみましたが、会計freeeの方がデザイン等が洗練されていて何かと使いやすかったです。

確定申告は1/1~12/31までの1年間の収支を申告するのですが、1/1に開業しようと、年の途中で開業しようと結局記帳すべき量は同じ1年間です。だから、いつ開業してもなんら変わりはありません。(12月などの年末に開業するとその年の確定申告が必要になるので面倒なことになりますが)

個人事業主の開業届を作成できる無料サービスは開業freeeしかないので、開業を考えている方は利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク