派遣

現役派遣エンジニアが厳選!おすすめなITエンジニア派遣会社3選

投稿日:2018年6月15日 更新日:

僕は学生の頃から受託開発を中心に仕事を行うフリーランスとして活動してきて、現在はスキルアップを兼ねて派遣エンジニアとして働いています。もちろん、派遣会社にいくつか登録して紹介された案件を比較しながら今の案件に参画することを決めました。

「派遣」と聞くと世間的にイメージが悪いですが、エンジニアの派遣に関してはそんなことありません。実務未経験でも就業しやすく、給料も他の職種の正社員に比べて高いなんてことも普通にあるのが特徴です。
派遣エンジニアでスキルを積んでフリーランスや正社員として転職するという方法もありますし、とにかくエンジニアは人材不足なのでキャリアの選択肢が豊富なんですよね。

僕が登録している派遣会社を実体験をもとにおすすめな派遣会社を3社に厳選して紹介します!

派遣エンジニアとは

そもそも派遣エンジニアとはどういうものなのかについて説明しますね。

これはよく勘違いされる部分ですが派遣には「登録型派遣」と「常用型派遣」の2種類あります。簡単に言うと、派遣会社から案件を紹介されて参画している期間だけ雇用契約を結ぶのが「登録型派遣」、派遣会社の正社員として雇用されて派遣されるのが「常用型派遣」です。

給料や雇用の安定性で言えば「常用型派遣」の方が優れていますが、「登録型派遣」に比べて辞めたいときにすぐ辞めれないというデメリットがあります。
「登録型派遣」は自分のライフスタイルに合わせて働けるので、将来的にフリーランスや正社員として働く予定であったり時短勤務を実現したいならおすすめな雇用形態ですね。ただし、派遣期間が終わると無職になってしまう可能性がありますし、次の案件の参画が決まらず自宅待機となった場合も「登録型派遣」だと無給です。

僕は将来的にフリーランスになりたいと思っているので「登録型派遣」を選びました。それに自分としてもある程度「こんな企業で働きたい」という希望があるので。
しかし、雇用形態や今後のキャリアプランにこだわりがないなら雇用が安定している「常用型派遣」はアリだと思います。

 

エンジニア派遣会社の選び方

派遣会社に登録するとだいたい以下のような流れで話が進んでいきます。

  1. 派遣会社に登録(オンラインor登録会)
  2. 職務経歴や希望条件などをプロフィールに登録
  3. 派遣会社の担当から電話かメールで案件紹介
  4. 派遣先企業で業務説明会
  5. 就業開始

そして、派遣会社を選ぶ際に重視したいのが以下の2点。

  • 案件数
  • 案件紹介方法

当然、案件数が多いところを選んだ方が希望条件に近い案件が見つかりやすいですよね。ただ、首都圏の案件は豊富に持っていても地方には案件を保有していない派遣会社もあるため、自分の住んでいるところによって使うべき派遣会社が異なってきます。
今回紹介する派遣会社は全国的に案件を保有しています。

また、派遣会社によって異なるのが案件紹介の方法。登録をしたら担当者がついて電話連絡でスムーズに案件紹介してもらえてるところもあれば、コンピュータが自動的に希望条件にマッチした案件をメールで紹介してくれるという形式の派遣会社もあります。

 

おすすめなエンジニア派遣会社3選

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは、「テンプスタッフ・テクノロジー」と「インテリジェンスの派遣」という二つの大手派遣会社が合併して生まれた会社。それだけに、保有している案件数が他の派遣会社と比べてかなり多いです。僕もここで就業しています。

実務経験・社会人経験なしの僕でも時給1600円の案件を紹介してもらえました。これでも相場最低クラスなので、経験のある人なら1800~2000円の案件に参画できるでしょうね。

パーソルの派遣登録は、オフィスでの登録会だけでなくオンラインでも行えます。職務経歴や個人情報、希望条件を入力して登録したら、後日担当者から電話がかかってきて案件を紹介してもらえます。僕の場合は登録したその日に電話がかかってきましたね。他のどの派遣会社よりもスピーディー。

29歳以下向けにキャリアチェンジを支援する「U29」というプログラムもあります。完全未経験だと選べる案件が絞られてしまいますが、このようなプログラムで基礎を身につけていると案件も増えるでしょうね。

仮登録のままだと案件の紹介が受けられないので、職務経歴などの情報は最後まで入力を済ませるように注意してくださいね。

 

パーソルテクノロジースタッフの特徴

  • 大手だから案件数が豊富
  • サポートが丁寧
  • 案件参画決定までスムーズ

 

パーソルテクノロジースタッフはこんな人におすすめ

  • 派遣として働くのが初めてな人
  • 自分の市場価値がよくわからない人

 

リツアンSTC

リツアンSTCは静岡に本社を置く人材派遣会社です。

「常用型派遣」に当たり、派遣でありながらも正社員雇用なので手当や福利厚生が充実しています。寮まであるのは本当にすごい。

給料が高いのが最大の特徴。リツアンSTCのエンジニアは平均年収が585万円。これでもかなり高く感じますが、4年以上働いている人の平均年収はさらに上がって750万円。他の派遣会社と比べてマージン率が半分程度なので、この高収入を実現できているわけですね。

エンジニアの給与を上げるために徹底的にコストカットをしている良い派遣会社です。登録後はまず担当者から電話がかかってくるので、登録して案件の紹介を待ちましょう。

 

リツアンSTCの特徴

  • 平均年収585万円、4年勤続だと平均750万円という圧倒的な高収入
  • 正社員雇用だから手当が充実

 

リツアンSTCはこんな人におすすめ

  • 第一に安定を求めている人
  • 派遣として長期間働くつもりの人

 

リクルートITスタッフィング

人材大手のリクルートが運営するITエンジニア専門の派遣サービスです。リクルートが運営しているだけあって、とにかく案件数が豊富。

登録もWebから行えるので手間がかかりませんし、希望条件やスキルをもとにコンピュータが自動的に案件をピックアップしてくれます。

紹介案件には、サイバーエージェント、DeNAなどの人気企業やリクルート系の企業があります。

エンジニア職だとほとんどの案件が時給2000円以上。平均時給は2188円で、フルタイムで計算すると月収35万円ほどになりますね。

登録をしたら、自分の希望条件や保有スキル、職務経歴等を記入しましょう。これが終わっていなければ案件の紹介が始まらないので。

リクルートITスタッフィングの特徴

  • 保有案件数が多い
  • 人材大手のリクルート運営だから有名企業の案件も保有

リクルートITスタッフィングはこんな人におすすめ

  • 自分に合った案件を見つけたい人
  • リクルート系の企業で働きたい人

 

同じ案件でも派遣会社によって時給が異なることも

僕の職場には他にも派遣社員がいるのですが、それぞれ派遣元の会社は違います。同じ派遣先でも派遣会社によっては時給や契約期間が違うということはよくあるんですよね。損をしないためにも、いくつかの派遣会社に登録して時給が高いところを選んで応募するのが賢いです。
基本的に派遣社員の時給は派遣会社の人が雰囲気で決めているので、いくつかの派遣会社を利用している旨を伝えているとまた反応が変わってきます。

今回紹介した3社は社会保険や厚生年金に加入でき、有休休暇ももらえて福利厚生がしっかりしている会社のみです。実際に僕が案件紹介を受けた際に、印象が良かったのもおすすめする理由です。

ぜひ派遣会社に登録してまずはどんな案件を紹介してもらえるのか、自分はどれくらいの時給をもらえるのかを知ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-派遣