フリーランス

現役フリーランスエンジニアがおすすめする案件紹介エージェント5選

投稿日:2018年2月28日 更新日:

フリーランスのエンジニアになると自分自身で案件を取ってこなければならないため、営業にも時間を割く必要が出てきます。これでは営業が苦手な人にとっては高いハードルに感じるでしょうし、継続して案件や仕事を受注できる保証もないため不安に感じるでしょう。

そんなフリーランスになりたての時にも比較的簡単に案件を取ってくる方法としては以下の3つの方法があります。

  • クラウドソーシング
  • エージェント
  • 知人等からの紹介

クラウドソーシングでは多くの案件がプロジェクトごとに掲載されていますが、単価が安く、応募者多数で競争率が高いため、なかなか受注に結びつけるのも難しいのが現状です。また、大型案件はほとんどなく、継続して案件を紹介してもらえる可能性も低いのもデメリット。

そこで、もう一つ提示したエージェントを利用するのがおすすめです。エージェントでは営業をする必要がなく、自身の条件に合った案件をこなすことができるため多くのフリーランスエンジニアが利用しています。このフリーランスエンジニア向けのおすすめエージェントをまとめました。

エージェントの仕組み

エージェントは基本的に求職者とクライアント(企業)の仲介役となります。

クライアントとしては、人出不足などの理由でエンジニアを必要としており、自分たちで探す手間や費用を出来るだけかけることなくエンジニアを雇うことができのがメリットです。実際に契約が締結した際にエージェント側に手数料を払っており、いわゆる成功報酬型のビジネスになっているのです。

これによって、求職者はエージェントを無料で利用できるという仕組みになっています。エージェントは求職者とクライアントのマッチングが実現しなければ報酬が入らないため、求職者に寄り添って案件を紹介してくれるのです。

 

エージェントを利用するメリットとは

エージェントを利用するメリットとしては、営業をする手間が省けるということが一番に挙げられます。営業を経験したことがないフリーランスエンジニアにとって、営業に時間を割かなければならなくて良いのは大きなメリットです。

また、エージェントはフリーランスエンジニアにとって面倒な契約やトラブルにも対応してくれるため負担が軽くなります。契約金額もあらかじめ決まっているため自分自身で交渉する必要がないですし、金銭面でのトラブルも防ぐことができます。

 

エージェントを利用する時に気をつけたいこと

エージェントは、求職者とクライアントがマッチングして仕事をした時に報酬を受け取ると先ほども述べましたが、これは逆に言うとマッチングしなければエージェントは報酬がゼロだということです。

報酬がゼロだとエージェントにとっては儲けにならないため、エージェントによっては求職者の希望を無視して案件を次から次に紹介してくる場合があります。求職者でにとって劣悪な案件が回ってくる場合もあるため注意しなければなりません。

フリーランスエンジニアは、エージェントの良し悪しを見極める力も必要です。そのためにはエージェントは1社だけでなく、複数社に登録して利用しながら比較して良いエージェントを探すと良いでしょう。

 

フリーランスエンジニアが登録すべきエージェント5社

レバテックフリーランス

フリーランスエージェントの中で最も有名なエージェントですね。
サービス登録者数36700人、年間案件提案数81396件と業界最大級。ほとんどのフリーランスエンジニアが登録しているようなエージェントです。

基本的に労働時間はフルタイムで、常駐型の案件が多いです。リモート案件はかなり少ないですね。
利用者の平均年収は801万円と単価高め。月換算すると約67万円も稼げます。

また、他のエージェントでは首都圏以外の案件をほとんど扱っていない場合が多いのですが、レバテックフリーランスは大阪などにも案件を保有しています。

 

レバテックフリーランスの特徴

  • 業界最大級の案件数
  • 案件参画中のフォロー充実
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン
  • 早期の契約更新確認
  • 福利厚生サービス
  • 報酬の支払いサイトは15日

独自の福利厚生を登録エンジニアに提供しています。宿泊施設やスポーツクラブ、映画チケットの優待などが受けられるのは嬉しいですね。

支払いサイトは締め日から振込日までの日数のことですが、レバテックフリーランスはこの支払いサイトが15日と業界最速です。月末締めの翌月15日払いになっています。現在、貯金がない人でもレバテックフリーランスを使えば独立しやすいですね。

 

レバテックフリーランスはこんな人におすすめ

  • これからフリーランスとして働きたい
  • フルタイムの常駐型で働きたい
  • 首都圏以外在住でフリーランスとして働きたい

 

Midworks

正社員同等の保障を実現しているエージェントです。フリーランスはどうしても会社員と比べて福利厚生が劣ってしまうイメージがありますが、Midworksでは独自の充実した福利厚生を登録エンジニアに提供することで、フリーランスなのに正社員のような働き方ができるようになっています

契約形態としてはMidworksとの契約を結ぶという形になります。契約更新は半年〜1年単位。これによって保険料の労使折半を実現しています。さらに、もし取引先との契約が終了したとしても、Midworksとの契約期間中は、継続的に仕事を依頼してもらえる仕組みがあるので安定的な収入を得られます。

 

Midworksの特徴

  • リロクラブの福利厚生
  • 給与保証制度
  • 必要経費支援
  • 低マージン・単価公開
  • 保険料の半額負担
  • 会計支援サービスの提供

給与保証制度では、もし案件を受注できなくても自身のスキルから予想単価を算出して80%ほど保証してもらえます。

保険料はMidworksを運営するBrandingEngineer社が半額支払ってくれるという形で、いわゆる正社員のような労使折半を実現しています。負担が減りますね。

必要経費支援で、書籍・勉強会の費用を月1万円まで、交通費を3万円まで負担してもらえるのも嬉しいですよね。フリーランスで交通費が出ることは普通はないことなので。

 

Midworksはこんな人におすすめ

  • フリーランスのリスクを最小限に抑えたい
  • 会社員のような福利厚生が欲しい

 

PROsheet(プロシート)

週2からの案件も紹介していて、様々な働き方をサポートするエージェントです。フリーランスエンジニアだけでなく、起業家にも利用者が多いのが特徴。

だいたい3万円/日以上は当たり前で、4万円/日というのもかなり多いです。その分、求められるスキルも高度なものが多いですが、実績のない人でも紹介してもらえそうな案件は多いです。

福利厚生も用意されていますが、freeeなどのサービスが1年間などの期限付きで無料利用できるくらいなのであまり魅力的ではないですね。

 

PROsheetの特徴

  • 直接契約だから高単価な案件が多い
  • キャリア支援が手厚い
  • 稼働実績が増えるほど単価アップ

PROsheetは仲介せずに企業とフリーランスが業務委託契約を結ぶ形になるので、オープンで高単価報酬を実現しています。

PROsheetを使えば使うほど、実績となり単価交渉の際に報酬もアップしていきます。これもあって契約更新率89.2%という高い数字を残せているみたいですね。

 

PROsheetはこんな人におすすめ

  • 高単価にこだわりたい
  • 週5日勤務以外を探している
  • 起業と並行しながら仕事をしたい

 

 

ギークスジョブ

6000件以上の案件を常に保持していて、首都圏だけでなく大阪や福岡にも展開しているエージェントです。常駐型の案件が大半で、リモートワークの案件はほとんどありません。

支払いサイトが25日で、月末締め翌月25日に報酬が支払われるので嬉しいですね。レバテックフリーランスの支払いサイトは15日なので、それには及びませんが会社員と同じくらいなので問題ないはず。

 

ギークスジョブの特徴

  • 高単価案件が多い
  • セミナーや福利厚生が充実
  • 支払いサイトが25日

単価やエリアはレバテックフリーランスと似ているので、常駐型で働きたいエンジニアは合わせて登録しておくと良いですね。サポートも充実しています。

 

ギークスジョブはこんな人におすすめ

  • 大阪や名古屋、福岡で案件を探している方
  • 常駐型案件を探している方

 

ITプロパートナーズ

週2日や3日の案件が豊富な新興エージェントです。もちろん5日案件もあるためフルタイムで働きたいフリーランスも利用できます。Web系の案件が豊富ですね。

時々、未経験可の案件もあるためスキルに自信をない方でもとりあえず登録しておくことをおすすめします。

単価は高くても月70万円ぐらいで、全体的に見ても決して高いわけではないですが、フリーランスとしての経験が浅い人でもやれそうな案件や、リモート可の案件も多いのは嬉しいですね。

 

ITプロパートナーズの特徴

  • 週2日や3日勤務の案件が豊富
  • 未経験可の案件もあり
  • フリーランスだけでなく起業家も多く利用している

各案件には「イヤホンOK」「私服OK」などの項目があるので、案件探しの中でも譲れない条件がある方には使いやすくなっています。

 

ITプロパートナーズはこんな人におすすめ

  • フルタイム以外の案件を探している方
  • ベンチャー案件を探している方
  • 食べるためのお金を稼ぎたい起業家

 

 

フリーランスエンジニアとして稼げるかはエージェント次第

高単価な案件を獲得できるかはエージェント次第です。フリーランスエンジニアになりたてであれば、契約までのサポートをしてくれるレバテックフリーランスやMidworksを選ぶと良いですね。自分に合った単価や条件を探してくれるので、無駄な手間が省けます。
フリーランスとしてのキャリアがある方には、PROsheetなどを使って自分で案件を探して自身で交渉するのもありですね。

フリーランスエンジニアは普通に月60万稼げたりしますし、今はまだフリーランスになるつもりがなくてもとりあえず登録しておくと良いですよ。スカウトやオファーという形で案件が紹介されることもあるので、自身のスキルの市場価値を確かめるのにも使えます。

※仮登録のままだと案件の紹介が受けられないので、職務経歴などの情報は最後まで入力を済ませるように注意してくださいね。

freelance-ajent-image

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-フリーランス