キャリア

エンジニア・プログラマーにとって最適な会社の選び方

投稿日:

初めてエンジニアになるときに、どんな会社で働くかは悩むポイントの一つだと思います。僕自身、新卒で就活しているときには右も左も全く分からずに、IT業界という大きなくくりはあるものの様々な業態の企業の選考を受けていました。

最初は軸を決めずに色んな企業を見てみたり、話を聞きに行ってみたりする、というのも一つの手ではありますが、時間がかかりますし限られた時間の中でエンジニアとして転職をしようとするなら非効率的ですね。

なので、エンジニアになる際の会社の選び方について、現役エンジニアの僕が解説していきますね。

スポンサーリンク

エンジニアの会社選びの軸は3つ

エンジニアへの転職を目指す際には、まずはどんな企業で働きたいかという軸を決めることが大切です。ここで軸を決めずに転職活動を続けても、自分とマッチした企業を探すまでに時間がかかり疲弊してしまいかねませんから。

僕が考える会社選びに重要な軸は3つあり、これらのうち2つはIT業界特有の軸になります。一つずつ説明していきますね。

Web系かSIerか

IT業界は主に、Web系とSIerという2種類のタイプがあります。

Web系は、ブラウザ上やスマホなどで動くアプリケーションを作っているような企業のことを指します。働き方が柔軟であることが多く、私服勤務可である場合もあります。
SIerは勤怠管理などの業務系システムや政府系のシステム開発などの仕事を受託でやっている企業のことを指します。SIerの中には自社勤務ではなく客先常駐である場合もよくあります。

注意点としては、ホームページやランディングページ(ペライチのWebページ)を作るようなWeb制作会社はまたWeb系とは少し違うということ。Web制作会社はWeb系に当てはめないでくださいね。

詳しいことは下記の記事にまとめてあります。

 

自社開発か受託開発か

自社開発か受託開発かどうかで開発の仕方は全く異なります。

Web系は自社開発をしている割合が高いです。ただ、そのサービスの多くは赤字状態であったり、収益が安定していないことが多いです。
SIerはほとんどの場合が受託開発ではあるものの、自社サービスを持っている会社も中にはあるので一概には言えません。

受託開発とは、他の企業から「こんなシステムを作って欲しい」という要望のもと開発することです。自社開発はその名の通り、自社で企画から開発まですることですね。また、企画や設計もクライアントの要望をもとにして決めていくので、自分たちの意見を反映させることは基本的に難しいです。

自社開発をしている企業には、一部の業務を外部に委託して開発することもありますが、設計フェーズから機能実装、テスト、そして保守運用まで経験できるのはメリットですね。自社開発をしている会社のプロダクトの質は様々なので、そういった点では受託開発をしている企業の方がしっかりとした開発をしている場合が多いかもしれません。

自社開発と受託開発の決定的な違いは、納品があるかどうかということ。納品があるということは、納品後はそのプロダクトの開発に関わることはまずないということになります。
ずっとシステム・プロダクトに関わり続けたいなら自社開発一択ですね。逆にそこにこだわりがなければ受託開発でも全然良いと思います。

 

toCかtoBか

そのプロダクトのユーザーが企業なのか、それとも個人の消費者向けなのか、ということも重要な軸の一つです。

toCの業界だと、ゲームなどのエンターテイメント分野が該当しますね。toBだと、人事労務などの管理システムや会計ソフトなどを提供している会社が該当しますね。

toCのサービスは日頃からCM等で目にしたり、実際に使う機会もあることが多く身近であることから、toB企業に比べて人気な傾向があります。ただ、toB企業にも魅力的な企業は多くありますし、toC企業に比べると採用に困っている企業が多いので仕事は見つけやすいですね。

 

他にも軸は持っておくべき

予想はつくかと思いますが、上記で示した3件のみから求人を検索するととんでもない量が出てくるはずです。
つまり、他にも自分自身のしたい働き方や環境などの軸を持っておくべきなんですね。残業はできるだけしたくない、モダンな言語を使っている会社で働きたい、などの軸です。例えば、toC向けの自社開発のベンチャーだけど、実は開発環境が古いということもよくありますし、上記で示した3つの軸を満たした企業の中でも当然ブレはありますから。

ベンチャーやスタートアップならGreenWantedlyというサービスを使って求人を探すのがおすすめです。逆にSIerや大企業の求人ならレバテックキャリアが豊富に求人案件を保有していますね。
プログラミング未経験なら、DMM WEBCAMPのような転職サポート付きのプログラミングスクールに通うのも一つの選択肢です。プログラミングスキルを身につけてからの方が就職先の幅もグッと広がりますからね。

自分に合った会社を探す際にはぜひ上記で説明した3つの軸を意識してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-キャリア