年収が一般の業界よりも高く、未経験からでも目指しやすいことからエンジニアとして転職する人は年々増えています。
エンジニアは未経験から目指せると言っても、新卒では無い場合にはある程度のプログラミングスキルが転職時に求められます

それでは、エンジニア就職に向けてどのようにプログラミングスキルを身につければいいのでしょうか。
その最も効率の良い方法は、プログラミングスクールに通うことです。

「でも、お金をかけてプログラミングスクールに通っても就職・転職できなければ意味がない」

これはその通りなのですが、そんな悩みを解決してくれる転職保障付きのプログラミングスクールがあります。それがWebCamp Proです。

転職成功率98%を誇るWebCamp Proについてエンジニア目線で紹介していきます。

WebCamp Proとは

WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)は、未経験や初心者でも3か月という短期間で、転職・就職で即通用する高いエンジニアスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。
WebCampというプログラミングスクールの進化版で、プログラミングスクールとしての運営実績も十分あり、WebCamp Proにはそのノウハウが活かされています。

 

WebCamp Proの4つのメリット

WebCamp Proには4つのメリットがあります。

  • 実務経験に近い実践的カリキュラム
  • 成功率98%の転職・就職に向けたサポート
  • 通い放題だから好きな時間に勉強できる
  • 転職・就職できなかったら受講料全額返金

一つずつ解説していきますね。

 

実務経験に近い実践的カリキュラム

WebCamp Proの特徴として、グループ制作があります。
実際に企業で働く際には個人ではなく、複数人で開発を行なっていくことになりますが、この複数人での開発を経験することができます。また、実際の業務の流れに沿った形での実務形式での開発を行うため、学んだ知識を現場で使えるレベルまで伸ばすことが可能です。

チーム開発経験を企業は重視するので、このようなカリキュラムに設定しているWebCamp Proは企業からもプログラミングスクールとして高く評価されているわけです。

 

成功率98%の転職・就職に向けたサポート

転職・就職保障型プログラミングスクールと言っているくらいあって、成功率は98%とほとんどの転職・就職を実現させています。これはすごいです。

この高い成功率を出せている理由は、6ヶ月間のキャリアサポートがあるからです。

成功率98%と言ってももちろん自分好みの条件に合った企業で働きたいですよね。それも実現できるように、WebCamp Proでは受講開始1ヶ月目から希望を元に目標性や方向性を決めて学習を進めることが可能。さらに、学習が終わった後には企業の選定、応募、面接対策までやってくれます。
この手厚いサポートによって希望通りの転職・就職を実現させることができているわけです。

ちなみに、紹介先企業の中にはクラウドワークス、エイチーム、ドリコム、PIXTAなどの人気ベンチャー企業もあります。年収400万以上は十分に可能です。

 

通い放題だから好きな時間に勉強できる

「自宅では学習に集中できない」「疑問点はすぐに解消したい」

このような人のために、渋谷にあるWebCampの教室で土日祝日に関わらず毎日11時〜22時の時間帯を開放しています。13時~22時には講師が常駐しており、質問対応を行っています。

教室の場所は渋谷駅から少し距離があるのが難点ですね。

転職・就職できなかったら受講料全額返金

転職・就職したくてWebCamp Proで受講を始めたのに、転職・就職できなければ困りますよね。そんな心配は無用で、学習終了から3ヶ月以内に転職・就職できなければ受講料金を全額返金してくれます。
もし、全額返金なんてしてしまうとWebCamp側は利益がないわけですから、これは絶対に転職・就職させるんだという強い自信を感じます。

そもそも、WebCamp Proは成功率98%なので転職・就職に失敗するという可能性はほぼありません。

 

WebCamp Proの2つのデメリット

WebCampのメリットを紹介しましたが、逆にデメリットは以下の2つあります。

  • 地方だと受講できない
  • 30歳以下がターゲット

こちらも一つずつ説明していきます。

 

地方だと受講できない

WebCamp Proの教室は東京にしかなく、遠方での受講には対応していないため首都圏以外の地方の方は受講できません。

地方在住で未経験からエンジニアを目指すのであれば、おすすめなのが「TECH::CAMP エキスパート」です。こちらも就職成功率は97%と高く、オンライン受講に対応しているため遠方でも受講可能です。

30歳以下がターゲット

これは多くの転職型プログラミングスクールに共通していますが、WebCamp Proも30歳以下の方をターゲットにしています。ただ、31歳以上は要相談ということで必ずしも受講できないわけではないので、念のために確認を取ってみるといいかもしれません。

 

WebCamp Proの受講の流れ

WebCamp Proの受講開始から転職・就職までの流れを説明していきます。

WebCamp Proでは学習カリキュラムが3ヶ月、キャリアサポートが6ヶ月となっています。学習時間の目安は週30時間なので、仕事をしながらでも受講可能です。

プログラミング学習と転職・就職に向けたキャリアサポートを並行しながらやっていくという形になります。

 

学習カリキュラム

期間内容
1ヶ月目HTML/CSS、jQuery、Ruby on Rails等を学習
2ヶ月目グループ制作でECサイト開発
3ヶ月目個人でオリジナルサービス開発

WebCamp Proで具体的に学べるスキルは以下の7つです。

  • HTML
  • CSS
  • jQuery
  • Ruby on Rails
  • MySQL
  • GitHub
  • AWS

これだけのスキルがあれば、自分でWebアプリケーションを開発してインターネット上に公開するところまで実現可能です。Webサイトやアプリケーションの見た目だけでなく、見えない裏側の処理部分も扱えるようになるので仕事の幅も広がります。

 

キャリアサポート

期間内容
1ヶ月目ロードマップ、WCMシート、履歴書/経歴書添付
2ヶ月目転職条件/志望企業ヒアリング、企業照会
3,4ヶ月目ポートフォリオ作成、企業選定、企業応募
5,6ヶ月目ポートフォリオ完成、面接対策

 

WebCamp Proの料金

WebCamp Proの受講料金は40万円です。高く感じるかもしれませんが、日本の全職種の平均給与が402万円、エンジニアが606万円です。エンジニア転職によって約200万円の給与アップも狙える可能性があることを考えれば、40万円は決して高くないですよね。

それに、もし学習終了後3ヶ月以内に転職・就職できなければ全額返金してもらえます。

分割払いにも対応しているので一括で40万円用意する必要はなく、月額3万円から受講できます

 

Webcamp Proなら実務体験できるから転職時に評価される

最近、転職したい人向けのプログラミングスクールが多いですが、カリキュラムやサポート内容はそれぞれのスクールで違っています。プログラミングスクールによっては、即現場で活かせるような設計になっていないこともあり、その点ではWebCamp Proは実務体験もカリキュラムに組み込んでくれているので転職時に評価されるポイントをしっかりと抑えてくれています。

また、WebCamp Proでは3ヶ月目の学習カリキュラムに個人でのオリジナルアプリケーション開発がありますが、これも転職・就職時には必要なのでそこもサポートしてもらえるのは嬉しいですね。どんなものが企業に評価されるWebアプリケーションなのかを熟知しているWebCamp Pro講師陣に対して自由に質問することができ、アドバイスがもらえるのはプログラミング未経験者にはかなり心強いでしょう。

現在でも、ITエンジニアは人材不足で今後はさらに市場価値が上がることが予想されます。プログラミングができれば企業で働くだけでなく、フリーランスなどの自由な生き方もしやすくなります。
プログラミングは一生モノのスキルです。ただ、人によってはプログラミングは合わないということもあるかもしれません。WebCamp Proでは無料カウンセリングや無料体験会も行っているので、まずはそれらに参加して受講するか決めるといいですよ。