プログラミング

Ruby on Railsを無料で学べるおすすめなサービスを3つ紹介

投稿日:2018年1月17日 更新日:

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール
DMM WEBCAMP:3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金
TechAcademy:全国どこからでも受講可能。講座が豊富。
CodeCamp:マンツーマンレッスンだからスキルが身につきやすい。

人気なプログラミング言語「Ruby」のフレームワークである「Ruby on Rails」はお金のかかるプログラミングスクールだけでなく、無料で学ぶことも当然できます。

実際にRuby on Railsの勉強をするのに利用したことのある無料で学ぶことができるおすすめなサービスを3つ選んでみました。

スポンサーリンク

Ruby on Railsとは

Ruby on Railsは、Rubyという言語のフレームワークです。フレームワークとは、開発をスムーズに行うための「便利パック」のようなもの。
アプリケーションの作成にあたって必要なものがパッケージとして用意されているため、フレームワークを使うことで実装のコストが減ります。

以前は、Webアプリケーションの開発にはPHPという言語がよく用いられていましたが、最近はベンチャー企業を中心にRuby on Railsが用いられることが多くなっています。クックパッドやグノシーもRuby on Railsで開発されています。

Rubyを使えるエンジニアは需要が高いため、稼げる言語としても知られており、平均年収562万円というデータもあるのでエンジニアになることを考えている人にもおすすめな言語です。

 

Ruby on Railsの効率的な学習方法

学習手順は以下のようになります。

  1. Railsの仕組みを知る
  2. 文法を使えるようになる
  3. 自分でWebアプリケーションを作ってみる

Ruby on Railsは、モデル、ビュー、コントローラー(MVCと略されます)の処理の流れなど、仕組みの理解が必要不可欠です。そこはコードを書きながらでも理解できるようになっていきますが、あらかじめ理解しておくと言語習得が早まります。

これから紹介する無料の学習サービスでは、どれも文法を学んで使えるようになるところまではマスターできます。
しかし、Webアプリケーションを作る中で必要な知識全てを学ぶことはできないので、ググって学ぶなりプログラミングスクールに通うなりの努力は必要になります。自身でRailsを使ってWebアプリケーションを作れるぐらいのレベルにならなければ、実務では活かせないのでそこまで到達できるようになっておくべきですね。

 

Ruby on Railsを無料で学べるサイト3選

Progate

無料で使えるプログラミングサービスとして最も人気があります。個人利用だけでなく、企業での研修にも多く導入されているようです。

Progateの特徴は、スライドと写経を通じて丁寧に学ぶことができることです。文法や仕組みの説明はスライドで確認でき、それをもとにコードを書きながら学ぶので、順を追って理解することができます。

ただ、無料なのは一部のレッスンのみで、全て学ぶには月額980円が必要になります。実際には1~2週間もあればできてしまう量なので、980円だけかかると思えばかなり割安ですね。

 

ドットインストール

多くのエンジニアが初学時に利用しているサービスです。Ruby on Railsのレッスンに関しては最初のいくつかのレッスンは無料ですが、それ以降は月額料金1080円のプレミアムプランに加入する必要があります。

ドットインストールは、動画で学ぶことができ、レッスン量もかなり豊富なのが特徴。一つの動画も3分以内のものが多いので、一つ一つのレッスンを集中して学習することができます。

ただ、サイト上では自身でコードを書きながら学ぶということはできないので、自らプログラミング環境の構築をする必要があります
また、声と画面キャプチャを利用した動画によるレッスンなので、文字で見て学びたい方には向いていないですね。

 

Udemy

Udemyは無料ではないですが、月額課金ではなく買い切りのため1000円~2000円ほどで学ぶことができます。
Progateやドットインストールのような月額課金サービスでは1ヶ月ごとに料金が発生してしまいますが、Udemyでは一度購入するといつでも追加料金等なしで受講できます。自分のペースで学習したい人におすすめですね。

Udemyも動画形式でのレッスンになりますが、実践的な内容で作られているものが多く学んでいて楽しいです。

Ruby on Railsは学びやすい

Ruby on Railsで使われているプログラミング言語のRubyは日本人によって開発されたこともあって、日本の会社ではよく使われているので日本語のドキュメントや情報がインターネット上に多く存在します。もし分からないことがあっても、ググればたいてい日本語のページが出てくるので困ることはほとんどないですね。

もし、完全無料でRuby on Railsを学んでエンジニアになりたいなら、ポテパンキャンプのようなエージェントとプログラミングスクール一体型のところをおすすめします。転職ではなくてフリーランスになりたい場合でも案件を紹介してもらえるので、どんなキャリアを希望している人にも合うでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-プログラミング

スポンサーリンク

プロフィール

オカ ヒロト / Hiroto OKA

スタートアップで働くRubyエンジニア。大学在学中に起業を志すもスキルと知識不足で断念し、新卒フリーランス、派遣エンジニアでのメガベンチャー勤務を経て現職。
1995年生まれ。山口県出身。

>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

freelance-ajent-image programming school ranking