プログラミング

現役エンジニアが解説!プログラミング言語「Python」でできることについて

投稿日:

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール
DMM WEBCAMP:3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金
TechAcademy:全国どこからでも受講可能。講座が豊富。
CodeCamp:マンツーマンレッスンだからスキルが身につきやすい。

プログラミング言語の一つであるPythonで具体的にどのようなことができるか知っていますか?

プログラミング言語は他にもJavaやPHP、Rubyなどいくつもありますが、Pythonはその中でも一目置かれた存在の言語です。なぜなら、Pythonは世界的にも人気があり。様々な技術の実装ができるからです。

そんなPythonを使って何ができるのかについて、現役エンジニアの僕が紹介しますね。

スポンサーリンク

Pythonとは

Pythonは、プログラミング言語の一つです。

シンプルで初心者にも学びやすい言語であり、日本だけでなく世界的によく使われています。そのため、Pythonに関する書籍やドキュメントも豊富であり、また求人の数も増加傾向にあります。

Pythonのフレームワーク(アプリケーション作成に必要な機能の枠組み)としては「Django(ジャンゴ)」が有名でよく利用されています。他にもFlaskやBottleなどがありますが、DjangoがPythonフレームワークの中では一般的であると考えて良いでしょう。

 

Pythonを使ってできること

  • Webアプリケーション
  • 機械学習
  • AI
  • データ分析
  • スクレイピング

Webアプリケーション

エンジニアの仕事としても、普段の生活の中でも身近なのがWebアプリケーションだと思います。

Webアプリケーションとは、YouTubeやTwitterのようにWebサーバ上で動くアプリケーションのことです。
プログラミング初心者の方のほとんどがWebアプリケーションの開発からスタートするので、今後学習していく中でも必ず開発していくものになるでしょう。

 

機械学習

機械学習とは、「これをこう動かして」と指示する事なく、コンピュータが学習したデータを用いて予測しながら実行する技術です。

例えば、Apple製のデバイスで使える「Siri」も機械学習の技術を使っています。

機械学習を使う事で将来の数値予測や、指向を予測できるようになります。

 

AI(人工知能)

実は機械学習と人工知能は包含関係にあります。関係としては、人工知能>機械学習ですね。

人工知能は、「人工的に作られた人間の知能を持ったもの」として定義されており、機械学習はその人工知能を実現するための技術の一つということになります。

 

データ分析

多くのデータを使って目的に沿ったデータの抽出を行うことを指します。

例えば、広告運用をしていてAとBの広告の二つでどちらがより効果の高い広告なのかを検証したいとします。単純にクリック率や成約率のデータを見て判断することもできますが、それだけではどの性別のどの年齢層がどれぐらいの単価で買ってくれたのかを考慮できていないですよね。
データ分析をすることで、より精密なデータの抽出が実現可能です。

Pythonではpandasなどのライブラリーを使うことによって、データ分析を行うことができます。

 

スクレイピング

スクレイピングとは、Webサイトなどの情報を自動で取得してそれを処理することができる技術です。これはWebスクレイピングとも呼ばれ、定期的にサイトを巡回することでそのサイトの情報を抽出することができます。

例えば、映画情報がまとめてあるサイトからスクレイピングすることによって、自身で映画の情報を更新しなくても最新の映画ラインナップを自動で取得してアプリケーション上で利用できます。

 

Pythonを使ったサービスの例

Pythonを使って実際に開発されたサービスは国内外に数多く存在します。
その中でも有名なのがInstagramやYouTubeです。

Pythonで開発されたWebアプリケーションは、日本国内ではまだそこまで多くはないです。やはり国産言語であるRubyの人気が高いのと、PHPやJavaなどがまだ一般的であるからだと思います。
しかし、最近では既存のアプリケーションにAIなどの技術を組み込むということも増えてきていますし、実は一部でPythonが使われているというケースはよくあります。

海外ではPythonはかなり使われている言語の一つです。
PYPL(PopularitY of Programming Language)というプログラミング言語のチュートリアル検索回数のランキングではJavaを抜いて圧倒的1位となっています。海外でエンジニアになりたいならPythonを学ぶことはマストであると言えるでしょう。

 

Pythonを使うとトレンドの技術を実装可能

Pythonを学ぶことの最大のメリットは、AIなどのトレンドである技術の実装にも応用できることと、結果的に希少な価値を持ったエンジニアとして活躍できる可能性がある点ですね。
ただアプリケーションを作れるエンジニアよりも、難解な技術を使えるエンジニアの方が市場価値はもちろん高いです。

ただ、Webアプリケーションの作成やスクレイピングに関しては、他の言語を使ってもできるので、必ずしもPythonを使って実装する必要があるといったことはありません。単純にアプリケーションの作成をしたいだけであればPHPやRubyを学ぶのもありでしょう。

Python自体の習得はハードルは決して高いものではありませんが、それをAIやデータ分析まで行えるようになることを目指すとなると簡単ではありません。もしPythonをそのレベルまで学びたいのであればプログラミングスクールに通うのも良いでしょう。アプリケーションを作れるようになりたいといった程度であれば、技術書や動画教材での独学でも十分でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-プログラミング

スポンサーリンク

プロフィール

オカ ヒロト / Hiroto OKA

スタートアップで働くRubyエンジニア。大学在学中に起業を志すもスキルと知識不足で断念し、新卒フリーランス、派遣エンジニアでのメガベンチャー勤務を経て現職。
1995年生まれ。山口県出身。

>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

freelance-ajent-image programming school ranking