プログラミング

Pythonに特化!Aidemy(アイデミー)なら人工知能エンジニアになれる

投稿日:

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール
TechAcademy:全国どこからでも受講可能。講座が豊富。
CodeCamp:マンツーマンレッスンだからスキルが身につきやすい。
Tech Boost:最新技術が学べてキャリアサポートが充実。

AI、機械学習、ディープラーニングというワードをよく聞きますよね。
様々なサービスやアプリケーションに使われていますが、これらの技術は新しい技術であることや、習得が比較的難しいがために使いこなせるエンジニアはまだまだ少ないのが現状。少ないがためにこれらのエンジニアは市場価値も高くなっています。

そんなAI、機械学習の開発によく使われるのがPythonというプログラミング言語。ただし、これらの開発ができるようになるためにはPythonの習得だけでなく、周辺技術の習得もマストなので学ぶハードルが高いんですよね。

AIや機械学習に必要なスキルを学ぶのにおすすめなのがAidemyのPremium Plan。8週間で実用的なAIスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

Aidemy Premium Planのメリットとデメリット、学べる内容などを詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

Aidemyとは

Aidemyは人工知能プログラミングに特化したプログラミング学習サービスです。Pythonや人工知能を学べるサービスやプログラミングスクールは多いのですが、人工知能に特化したサービスというのはかなり珍しいですね。

人工知能に特化しているということで、学ぶ言語もPythonに特化しています。学習はWeb上で完結するようになっているので、全国どこからでも学ぶことができます。

 

Aidemy Premium Planとは

そもそも、Aidemyには無料会員プラン、月額1880円からの有料プラン、そしてPlemium Planの3つがあります。有料プランは最も高いプランでも月額6480円なので安価なのですが、チューターがつくわけではなく自分のペースで学習を進めていく形になります。

Plemium Planは、有料プランとは違って本気でPythonを習得して人工知能の開発ができるようになりたい人向けですね。

そのため、専属のチューターがサポートしてくれますし、カリキュラムも有料プランのものを流用するのではなくてPlemium Plan専用のものが用意されています。

 

 

Aidemy Premium Planのメリットとデメリット

Aidemy Premium Planのメリット

  • 受講期間中は数多くのコースから選び放題
  • Aidemy独自のPyhton実行環境を提供しているから環境構築必要なし
  • 専属のデータサイエンティストがチューター
  • 人工知能エンジニアへの転職実績もあり
  • 東証一部上場企業も導入済み

 

Aidemy Premium Planのデメリット

  • 期間が決まっている
  • 対面で教えてもらえない

 

Aidemy Premium Planで学べる内容

Aidemy Premium Planでは、Pythonの基礎的な内容から応用的な内容まで学べます。

基礎的な内容とは、そもそものPythonの文法であったり、人工知能や機械学習の開発をするにあたって必要な知識ですね。
応用的な内容としては以下のような内容があります。

見ただけでも面白そうな内容ですよね。Aidemyではこのような実務的で興味の持てる内容をカリキュラムに盛り込んでいます。

以下がAidemy Premium Planで学べる内容の一部です。

  • ChartJS
  • Flask
  • ディープラーニングを用いた画像認識
  • Pandas
  • Numpy
  • Webスクレイピング
  • Matplotlib
  • 機械学習

 

Aidemyの申し込みから受講までの流れ

Aidemy Premium Planの申し込みから受講までの流れは以下になります。

  1. 無料カウンセリングを受ける
  2. 申し込み&受講料支払い
  3. 受講スタート

 

Aidemyの受講料金

 4週間8週間12週間16週間
一般199980円299980円389980円479980円
学生179980円269980円359980円449980円

 

AIエンジニアなら高収入が狙える

僕はWebエンジニアですが、正直人工知能や機械学習の開発はできません。他のキャリアの長いエンジニアでもこのあたりの分野の開発ってまずできないんですよね。理由としては、通常のWeb系アプリの開発をする上でキャッチアップできる技術ではなく、学ぶハードルが割と高いためですね。
だから、最近はAIエンジニアや機械学習エンジニアの価値が高まってきているわけです。

また、Pythonは稼げる言語と言われており、平均年収は601万円というデータがあります。

そう考えると、Aidemy Premium Planの受講料金って本当にコスパいいですよね。約20万円から30万円の受講料金で高収入エンジニアになれる可能性が出てくるわけですから。
Aidemyでは、受講中のサポートだけでなく転職相談まで行なっているんですよね。なので、受講後に学んだことを活かせる企業に就職することは十分に可能です。

Aidemy Premium Planでは無料のオンライン相談会を行っています。疑問に思っていることなどをまずはここで聞いて、受講するかどうかを検討してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-プログラミング

スポンサーリンク

プロフィール

オカ ヒロト / Hiroto OKA

新卒でフリーランスエンジニアになりました。Web制作、アプリケーション開発を中心にSEO対策やWebマーケなどの仕事をしています。趣味はサッカーと旅行です。1995年生まれ山口県出身。

>>詳しいプロフィール
>>Webサイトの制作・運用の依頼
>>お問い合わせ

freelance-ajent-image programming school ranking