エンジニア フリーランスエンジニア

【実体験】ポテパンフリーランスなら高単価の案件が見つかる

投稿日:2020年12月19日 更新日:

今すぐフリーランスになりたい人におすすめなエージェント
レバテックフリーランス:利用者の平均年収801万円。案件数が多い。
Midworks:フリーランスらしからぬ安定を実現。
ギークスジョブ:サポートが充実。単価も高い。

フリーランスエンジニアが案件を探す際にはエージェントを使うのが一般的ですが、エージェントによって扱っている案件の数や種類、単価などには差があります。
案件数が多いエージェントがいいエージェントとは一概に言えませんし、どのエージェントも自身にスキルマッチした案件を紹介してくれるわけでもありません。

しかし、ポテパンフリーランスはとにかく紹介力がすごくて、マッチした案件を親身になって紹介してくれるエージェントです。

ポテパンフリーランスで実際に案件の紹介を受けたことがあり、現役フリーランスエンジニアである僕が特長や紹介案件、単価などについて解説しますね。

 


ポテパンフリーランスとは

ポテパンフリーランスは株式会社ポテパンが運営しているフリーランス向けに案件を紹介するエージェントです。
株式会社ポテパンでは、他にもポテパンキャンプというプログラミングスクールを運営しており、エンジニアのキャリアに関する事業を行っている会社です。

ポテパンフリーランスは登録も利用ももちろん無料です。

 

ポテパンフリーランスのメリットとデメリット

ポテパンフリーランスのメリット

  • キャリア全般に関するサポートが手厚い
  • 単価は比較的高い案件が多い

キャリア全般に関するサポートが手厚い

ポテパンフリーランスには専属の税理士やファイナンシャルプランナーがおり、フリーランス(個人事業主)になるための手続きに関することやキャリアの相談に乗ってもらえます。
フリーランスになるとこれまでとは税負担の仕組みが変わりますし、年に1度の確定申告も必要になります。そのため、フリーランスならではの知識やキャリアに関する不安などは少なからずあると思いますが、ファイナンシャルプランナーや税理士といったプロに質問できるのは心強いですね。

 

単価は比較的高い案件が多い

以前、実際に案件を紹介してもらいましたが、単価は他社に比べると比較的高めだと感じました。

サイト上で案件を見ていても単価が最大100万のものやそれ以上のものもあります。
希望単価を伝えると、それ以下の単価の案件は紹介されることはありませんでした。

 

ポテパンフリーランスのデメリット

  • 案件をサイト上で探すことができない
  • 地方の案件を保有していない
  • 支払サイトが30日か45日なので振込までが遅い

案件をサイト上で探すことができない

サイト上に載っている案件は全体の保有案件のうちのわずかで、ほとんどが非公開案件のようです。

そのため、自身で案件を探すことができず、ポテパンフリーランスの担当者に希望条件を伝えて紹介してもらう形になります。

 

地方の案件を保有していない

保有案件は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪が中心で、地方の案件はないようです。

首都圏、関西以外の地方に住んでいる方は「レバテックフリーランス」のような大手のエージェントを選ぶと良いと思います。ただ、ポテパンフリーランスではリモート案件も保有しているので、地方からでも参画できる案件はあるでしょう。

 

支払サイトが30日か45日なので振込までが遅い

いわゆる締め日から振込日までの間の日数のことを支払サイトと言いますが、ポテパンフリーランスではこの支払サイトが30日か45日となっています。2つの支払サイトがある理由は、案件によって違うからとのこと。

クラウドテック」や「レバテックフリーランス」は支払サイトが15日であるため、最大45日はかなり間隔が大きいですね。ただし、貯蓄があって資金繰りに困っていないならこの支払サイトはあまり気にしなくてもいいかもしれません。



ポテパンフリーランスで紹介を受けるためには実務経験は必要?

ポテパンフリーランスに限らずフリーランスエンジニアとしてエージェントで案件を紹介してもらう場合には、実務経験が浅い状態だと参画は難しいです。

しかし、ポテパンフリーランスでは経験が少ない方に対しても紹介できる案件はあるようです。実際にポテパンの社長さんは以下のようにおっしゃっていますね。

フリーランスエージェントによっては実務経験の年数で足切りされて登録すら断られる場合もあるので、1年程度でも紹介してもらえる可能性があること自体がすごいと思います。
実際に、僕は実務経験1.5年ほどと経験が浅い状態でも案件の紹介まで受けました。

 

ポテパンフリーランスでは在宅での案件も取り扱っている

ポテパンフリーランスでは在宅でも可能なリモート案件も取り扱っているようです。

実際に、サイト内で検索するとフルリモート可能な案件が見つかりますね。全体で400ぐらいの案件が掲載されている中で、リモート勤務可の案件は47件とのことなのでだいたい1割強はリモートで働ける案件のようです。

ベンチャー企業はリモートでの勤務を認めているところが比較的多いですが、ポテパンフリーランスではそのベンチャー企業の案件を多く保有しているんですよね。ベンチャーはリモート勤務以外にもフレックスがあったり、柔軟な働き方を認めてくれるところが多いです。

 

ポテパンフリーランスの評判

僕自身がポテパンフリーランスで案件紹介を受けての感想ですが、登録からカウンセリング、案件紹介までの対応も早くて、カウンセリング当日に紹介いただいて、すぐに面談の設定までしてもらえて全体的にスムーズで印象が良かったですね。
また、一つの案件の紹介中に新しくスキルマッチした案件が入った際には追加で紹介していただき、紹介力があるという印象です。

また、これはポテパンの社長さんのツイートですが、実務経験1年で50万円以上の単価が出ているようです。他のエージェントだと首都圏で40~45万円程度が相場だと思うのでかなり条件がいいですね。

 

ポテパンフリーランスなら高単価案件が見つかる

フリーランスエージェントはエージェントによって単価の価格帯がまちまちですし、単価交渉をお願いしても渋るようなエージェントもあります。その点、ポテパンフリーランスは最初から単価高めだと感じましたし、単価交渉も柔軟に対応してくれました。

大手のエージェントにはない対応の早さや丁寧さを感じたので、フリーランスエンジニアなら登録しておいて損はないと思います。定期的にメールで案件紹介も来るので登録しておくだけで案件探しもできますし。

サイト上にも案件が掲載されており、登録をしなくても案件の詳細内容を確認できますが、実際には掲載されていない案件が多いと思うので、登録をした上で希望の条件を相談して案件を紹介してもらった方がいいでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-エンジニア, フリーランスエンジニア